■カテゴリ:アウトドア - 登山

ハイキング、縦走から、ロッククライミング、沢登りまで。
”ふれんず”はオールラウンドな山の会です。
ハイキングでは物足りなくて、山登りをグレードアップしたい方にぴったりです。
大阪府勤労者山岳連盟加盟

芦屋川地獄谷から七兵衛山、打越山

2020年11月08日
登山者 :  Lキツネさん、リエサン、チュウ吉さん、他一名
山行期間 : 2020年11月8日

行程 : 9:30阪急芦屋川発→10:00地獄谷取付き→11:00A懸岩→11:30ピラーロック→12:00横池→12:40~13:30七兵衛山→13:50打越山往復→14:45風吹き岩→15:20金鳥山→16:00阪急岡本

阪急芦屋川駅前は登山客で足の踏み場も無いほどでしたが、少し遅くの出発で、地獄谷ではさほど渋滞に合うこともなく各滝を登る事ができました。

コロナ以来初アイゼン、今日はこの前行けなかった、キツネさんおすすめの七兵衛山でゆっくり歩荷の水でコーヒーを飲むのが目的です。各人それぞれの装備、重量で、私は冬山に向けてアイゼン、ピッケル、冬用登山靴、軍手手袋、10数キロ歩荷のフル装備ですが、チュウ吉さんは何とトレランシューズ、奥様は軽トレッキングでした。渋滞も無かったので各滝を直登し、良い岩交じりアイゼン練習になりました。砂場もいつものフルコースで、ひときわ高い岩の山頂で海と神戸の街を見ながら休憩、少し紅葉の始まった山を楽しみました。さらに足型になった砂山をピッケルを使いながら登ったり下りたり、細い所をトラバースしたり、細い岩間をすり抜けたりして、最後のピラーロックの細尾根を雪稜に見立てて歩きました。ここからは風吹き岩から横池に向かいます。紅葉の始まった横池雄池雌池は雰囲気のあるたたずまい、そこから道標に従って少し行くと七兵衛山の登りでした。手作りの木の椅子やテーブルがたくさんあって、お茶休憩にはもってこいの場所で、見晴らしも良好です。他のパーティーの方もここを目指して来ていました。キツネさんにコーヒーをごちそうになりながら、私は用意したガスとコッヘルでフレンチトーストを作りました。

軽量で簡単で水入らず、美味しいのでまた山で作ってみたいです。各自カップラーメンなども作りゆっくりしてから、隣の打越山も登りました。こちらも山頂にはベンチがあってゆっくりできます。帰りは風吹き岩から道すがら金鳥山の登頂もして、保久良神社から阪急岡本に下りました。

コメント(0)
最終更新日時:2020年11月19日 16時05分
カレンダー
<<11月   12月   1月>>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2


  • アルバム
携帯からのアクセスはこちら