主な活動場所
神奈川県藤沢市近辺の施設

藤沢青少年会館 
 桃香ちゃんとアラン君のお話。
2021-10-08
だれか、ほんとブログ書いてくれ。


さて、現在、養芯会藤沢班は4人の子供がいます。

うち、桃香ちゃんは6歳。アラン君は5歳。

幼稚園保育園の年齢なの。

何度教えても、上手に動けない。
身体のバランス保持さえも大変。

でも、それが当然なのです。出来たらタイヘンです。

大人でも、何度も繰り返すうちに何時の間にか「だいたい」「何となく」です。

幼児と言う表現、昔の人は良く考えたモノです。
幼い子供の為に、心、身体、想いがつながらないのです。


体力が無い、関節が発達しきっていない、筋肉や腱が育っていないので姿勢保持が出来ない。

身体に命令できるだけの脳の発育が所作を制御するまでに到達していない。

上手くできなかったことについて納得して反復するだけの情緒が育まれていないから、どうしても「悔しく辛い」に転化してしまう。


だから、幼児や子供には私の指導は

  指をピッと伸ばして!手足をピッと伸ばすの!!

を基本にしています。集中して少し動いたら、

  遊んでていいよ

に切り替えて、脳を休ませます。


脳や心が身体が出来切っていない彼らは新しいことを吸収するのに段階がある。

段階に到達すると、突然できるようになるし、繰り返し動く事もできる。更に回復も大人を圧倒する早さ。


陳氏太極拳は身体を作りこむ鍛錬。子供の頃に養った術を繰り出す身体は将来大人になって鍛錬から離れても失われないのです。





写真は王雁武術館の子供達。