主な活動場所
神奈川県藤沢市近辺の施設

藤沢青少年会館 

 映像を出すぞ!

2021-12-02
もう、仕方ないのでやはり暫く私がブログを書くぞ。

今年になって、念願であった

 養芯会の生徒が教室を開く

がどんどんと進んだのです。



私が指導している養芯会「本科」は指導員を目指し、鍛える。私が学んできたものをそっくりそのまま伝える授業です。

その生徒さん達が各地で教室を開いています。

東京南大沢 神奈川藤沢 山梨河口湖 上海で二教室 ロンドン。

その他にも東京・神奈川横浜・福島・大阪・兵庫神戸で準備中。



近日、私達養芯会が指導する「陳氏太極拳」のベースになる動作について映像を公開します。解説付きです。養芯会の陳家溝の、長老達が鍛えてくれて鍛え方を教えてくれた技術が各地で学び鍛えられる。切磋琢磨だぞ!

ざっくりですが、養芯会の太極拳は陳家溝の長老達が教えてくれた鍛錬方法の直伝です。

奥義とか技とか、そう言うのではなく、鍛える為の技術。

すごーく地味です。陳氏太極拳しか指導が無い。
老架一套、二路、剣。これをベースにしています。

各位の要望で槍・棍・大刀・刀の指導がありますが、ベースは鍛錬。


早く動きを憶えるよりも、如何に自分の身体を鍛えるか。

1,太極起勢 2、金剛搗捶   3、攬插衣  4、六封四閉  
5,単鞭  6, 金剛搗捶  7,白鶴亮翅 8,斜行 9,楼膝10、拗歩  11、斜行  12、楼膝 13、拗歩 14、掩手肱拳 15、金剛搗捶  

最初の3か月で5つの動作が大体すんで、そこから徹底的に五つの動作を鍛えこみながら、十五動作に至る。それから十五動作を徹底的に鍛えこみ、体術要素を加えたり削ったりしながら更に鍛えこむ。



そして、鍛えこむにつれ、徐々にその後の動作を指導するのですが、最初の五つの動作十五動作をどこまで鍛えこんでいるかで後のスムーズさが違う。

例えば、十五動作を一年鍛えこんでいれば、残りの60近い残りの動作は3か月もすれば憶え、動ける。その段階でですが。

そこからまた鍛える。


同じ名称の動作をしても、段階によって風格が違うのはそれが理由です。


陳家溝における本来の鍛錬、練習は動作の順番を憶えて、ドンドン先に進んでいろいろな型を憶えるのが褒められる事ではない。

如何に鍛えているかです。




・・・・・・・・・

藤沢班ですが、現在


攬插衣がブームになっていて、各位ヒタスラ攬插衣。

後半の1時間はほぼ攬插衣だったのですが、突然、志水さんが養芯会必須の技術「エッジ」の初端を掴んだの。それでそこからは金剛搗捶で同様のエッジを探る。

白井さんは別のアプローチで攬插衣を繰り返し、突然動きを掴んだ。「あれ?こんなに軽くていいんですか?」。そうなのです。風を巻き起こすの。

こんな感じで進めています。


と言うわけで、養芯会のベースになる動作を公開します。

すっごくシンプルな動作です。そもそも、陳氏太極拳の動作手順はシンプルなの。クネクネなんかしない。